ユーロヒュース 熊本の注文住宅・平屋住宅・
北欧住宅・店舗付き住宅は
ユーロヒュースへ

ユーロヒュース

ブログ

ブログ
ブログ

書斎はいる派? いらない派?

みなさんは書斎」聞いてどんなことをイメージしますか? 

大人の勉強部屋、趣味のプライベート空間、書籍コーナー、仕事部屋、憧れの一人屋・・・

そもそも書斎の起源とは、中世の僧侶の居室にあった、読み書きのための造り付の机のある場所のだったようです。(*上の画像が現在の和室にも造られている造り付机の場所(付け書院)

 

書斎を実際に作られる方は少数派で、憧れの気持ちがある方でも予算や家族の意見、将来的な目測を考慮して形にならない割合が多いと言えます。それでは決して多くはないこの書斎をメリットとデメリットから考えてみましょう。

【メリット】             

 ① 一人になれる場所がある。

 ② 集中して作業が出来る。

 ③ 干渉されない。

 ④ 好きな物を持ち込み自由。

【デメリット】

 ① 作るためのお金がかかる

 ② コミュニケーション不足の心配。

 ③ 折角作ったが使わない。

 ④ 結局は物置化している。 等々・・

「メリット」の要素を見てみると、基本的に書斎とは「1人で使うスペース」として作られていて、例えば夫婦共有型家族のスペースとしての書斎はほとんどないと言えるでしょう。また、「デメリット」としてはスペースとしても費用としても結局無駄なのでは?との理由が占めていると言えます。

一言でいえば・・・個人的スペースを作るのは後に無駄になる?

そのため、書斎はあまり作られない悲しい現実の中にあるようです。

ですが、しっかりとした目的を持って、実用的かつ憧れるような書斎は存在します。稀にあるシアタールームも一種の書斎ととらえるならば、映画好きの方にとってはまさに憧れ以外の何物でもないですよね~

こちらは書斎らしい書斎ですね。本棚も天井から下に造りてけてスペースを上手く使っています。カウンターも横長で使用用途に応じて場所が変えられる、機能デスクのような造り付です。本来の書斎として考えるとこういう作り方が長い目で見ても、一番効果的に利用できると思います。趣味の音楽と実益を兼ねた自分だけの空間という書斎。なにも読み書きやパソコン作業するだけが書斎の役割なわけではなく、楽器を弾いたり、ゲーム部屋だったり、プラモデル作りや絵を描く場所であったり、人それぞれでの趣向を凝らした空間が現代の書斎と言えますリビングの一角に家族が誰でも使えるように作った書斎コーナー。子供たちが勉強コーナーとして使ったり、パソコンでの調べもの、落ち着いての読書や家計簿付けや裁縫仕事等々、使い方自由の共有スペースとしても価値のある場所です。

 

そもそも「書斎の定義」とは人それぞれでいいはずで、趣味の部屋であったり読書だけの特別スペースでもいいし、コレクションを陳列して眺める空間であってもいいわけで、どれもそれぞれがその人の憧れた書斎になっていればいことです。

 

これはある私のお客様のお宅を建築する際にあったお話なのですが・・・  

お客様:「私の書斎を1帖くらいの広さで作りたいんですが」

私:「1帖ですか?・・その書斎はどのようにお使いになるおつもりですか?」 

お客様:「狭い空間で本を読むのが好きで、読書専用の部屋にしたいんです」

「小さい本棚とカウンター、それと窓があるトイレの様にして欲しいんです」

私:「失礼ですが、本当に宜しいんでしょうか?」

お客様:「トイレでばかり本を読むので妻にやめて欲しいと言われていました」

「やっとイメージしていた場所が作れることが嬉しいんです!」

 

そしてその後、ご要望通りお作りした読書専用の1帖書斎は、お客様のお気に入りの場所となりました。

書斎だけ見てもそれぞれの違いは面白いものですね!

今では書斎」もいわゆる書斎という形にこだわらず広い意味での「自由空間」とでも言えるのでしょう。

ユーロヒュースのスタッフブログ

こんにちは。 

これから不定期ではありますがスタッフが綴るブログで、ユーロヒュースの家造りをいろいろな角度からご紹介していこうと思います。

今回は・・・「なぜ北欧の家をコンセプトに?」です。 ではどうぞ!

ポイント① 可愛らしくてお洒落な外観

建物の形はシンプル 

赤や青、緑など原色が多い外壁

シンメトリックに配置された窓

縁取りされた窓廻りのモールディング

 

それぞれがお洒落な可愛らしい北欧デザインを作り上げるアイテム


こちらはスウェーデンの一般的な住宅

 

ポイント② 変わらない外観デザインスウェーデンの中部にあるウプサラという人口15万人弱の都市に建てられた一般の住宅

なんと築140年!!

そしてこちらは同じウプサラで今なお当たり前に営業を続ける

築200年のレストラン!! (もちろん、博物館的なものではありません・・・)

国によって住宅事情は違えども、200年以上も前からこんなに可愛らしい家を、変わることなく作り続けている北欧のスタイルとは何とも素晴らしいですね~(*因みにこのレストランでは鹿のステーキが絶品です!)

 

ポイント③ インテリアの素晴らしいセンスここはお洒落なカフェではありません。。

極々一般的なお宅のダイニングとリビングの風景です。

フロアーは幅広の良質なムク材で雰囲気ありますね~

壁紙は決して華美過ぎないバランスの取れたエレガントデザイン。

家具や装飾品、照明器具などもそれぞれが個性と高級感とデザイン性を感じる

ここも一般的な普通のお宅のダイニングキッチン

三角屋根の内部に配置された2階の子供部屋  

北欧スタイルが日本でも憧れの対象になっていることもうなずけますね。

 

ポイント④ 冬暖かく夏涼しい 性能の高い家づくり

これは家の重要な躯体となる壁パネルを工場で作成している風景です。窓も断熱材も全て組み込んだパネルにすることで、現場施工のレベルに左右されない、高性能な家が出来るのです。

そしてなんと!言っても世界的にも高性能な高スペック!!

壁の厚みは約28㎝!(一般的な日本の住宅は約15㎝)

壁・天井・床の断熱材はそれぞれ19㎝・22㎝・17㎝(一般的な日本の住宅は7.5㎝・10㎝・4.5㎝)

は熱を伝えない木製枠を使用し、ガラスは3枚が一般的

どれをとっても倍以上のスペックで家づくりをしています。

こうした合理的かつ高水準が標準を基本として、世界基準の家は作られています!

 

 

以上、それぞれのポイントがもたらす「究極のデザインセンス」「快適性を追求した建物スペック」をユーロヒュース独自でアレンジした「ユーロヒュース的北欧スタイルの家」をご提案したい・・・これが「なぜ北欧の家がコンセプト?」の答えです

 

 

ガレージあれこれ

 

 

 

そもそもガレージの語源はフランス語の「避難させる」がそもそもの意味です。一説によると19世紀後半のアメリカでの交通手段である馬や馬車のための馬小屋にその当時高価な物であった「車」を格納したことが始まりと言われているようです。

ま、このような「あっそぅ・・」という話は良しとして

近年。家を新築する際に「ガレージを作りたい」との希望を持たれる方が増えてきたように思いますが、単純に「車を収納する車庫」での用途以外も多く見られる・・というより

「それ以外の用途」の方が明らかに多い・・・です。

こちらは「車」を入れないガレージ

ガレージに最大級の憧れを持って崇拝される、あまりにも有名な

 

所ジョージさんの「世田谷ベース!」

 

秘密基地的なガレージに憧れて造られました。

ソファーセットにバーカウンター、ダーツマシーンにテレビにエアコンも。天井には天然のパイン材を貼り、居心地の良さを感じれる空間にし照明はもちろん、シャッターの他に出入口ドアと部屋と行き来できるドアも完備。

まだまだここから更に理想のガレージへと造り上げていくことでしょう!

 

 

また、こちらのガレージに格納するのは

「ハーレーダビッドソン」

バイク好きな方にもガレージは人気です。

 

バイク用のつなぎやメンテナンス用品を収納できる棚を設置し合わせて家の物を収納できる「収納庫」としても使用されています。

女性目線で見ると「立派な倉庫」であり、収納せずにはいられない・・のはごくごく自然な成り行きなのでしょう!

 

次は「ギャラリーとしてのガレージ」

 

こちらはお気に入りのバイク2台をローカからとリビングからオブジェのように鑑賞する事が出来るように設計されています。敢えてのバイクを照らすスポットライトとバイク以外はは何もない空間。

夜の闇の中、映し出す照明の明りと手入れの行き届いた輝くバイクを見ながら大好きなお酒を片手にリビングのソファーに深々と座り至福の時を過ごす・・

 

これがバイクギャラリーの醍醐味なのでしょうか・・

 

 

こちらは「車のギャラリーガレージ」

大好きなアメ車をいつでも見れるようにリビングには大きな窓を2ヶ所、壁にはメンテ用の小物用の棚を設け、奥には外部用の倉庫が。

 

やはり倉庫の割合が少ないような・・・(笑)

 

 

こちらは家と「同じデザインで別棟で建てたガレージ」

 

コストは一番かかるタイプですが、本来は一番希望が多い形です。敷地の大きさや予算、奥様のご意見等、変更を余儀なくされるケースも多々・・

 

ですが、独立したガレージは究極の秘密基地。
時間をかけて内部を自分流にカスタマイズしながら最高に居心地を味わえる場所にしていくのが楽しくて仕方ないのかもしれませんね!

 

家と繋げて屋根を造作したガレージもあります。

シャッターも設置せず、壁も敢えて少なくした開放的なガレージ家からは雨の日も濡れずに出入り出来るようにしています。

 

 

こうして実際に施工頂いたお客様のガレージを見ていくと

 

「ガレージはひとつにあらず」

 

である事にあらためて気付きます。

 

100人がガレージを造れば100通りのガレージが出来上がる。そこにまだ見ぬ自分だけの空間をイメージして、はまっていくのかもしれません。

 

また、弊社のお客様のガレージは全てが「ご主人様」の希望によるということも女性の憧れはガレージにあらず、別のところにあるということも事実のようです。

 

まとめになってない・・・ですが更にお客様といろんなガレージを造ってみたい今日この頃です。

 

補足ですが・・

こちらは馬小屋・・ならぬ「犬小屋」です。本来のガレージの語源「避難させる」という意味で考えると「ワンちゃんの避難場所」としてのガレージと言えるようにも思いますね。

 

でも、なんと立派なワンちゃんの家なのでしょう・・うらやましい!!

お問合せは

 

 

電話でのお問い合わせ
096-214-1755
096-214-1755
見学会予約はこちら!
モニターハウスのご案内
お問い合わせ・資料請求・
無料相談はこちら
お問い合わせフォーム